ウチダシステムズHOME
福祉分野
福祉施設の整備

福祉施設の整備

豊富な実績やノウハウを活かして、施設の開設から運営までトータルサポート

ノウハウがあるから安心。福祉施設づくりのベストパートナー

福祉施設にとって、法人理念やケアの方針に基づいて、利用者、ご家族、スタッフ、地域住民が納得できる施設計画を進めることは容易ではありません。ウチダシステムズでは、専門知識を持ったスタッフが、高齢者福祉、障がい者福祉、児童福祉施設向けに、様々な課題を解決する費用対効果の優れたご提案を行ってまいります。規模の大小にかかわらず、施設開設・運営に関わるあらゆるご要望についてお気軽にご相談ください。

福祉施設の新設・改築支援によって解決できる課題

  • 施設の理念を反映させた空間づくり
  • 最適な予算計画の作成
  • 運営コストの削減
  • 安全な施設づくり

初度備品計画のお手伝いをします

施設の詳細が確定していない申請段階であっても、施設の種別や規模から想定される初度備品について、豊富な過去の事例をもとにご相談を承ります。購入品、リース品の種別を問わず、施設まるごとの予算計画のお手伝いをさせていただき、開設スタッフの方の手間を大幅に軽減します。

福祉施設の新設・改築支援のポイント

思いを共有するお手伝い

施設が持つ特長やケアへの思いは、コンセプトとして整理し、関係者間で共有することが大事です。利用者、ご家族、スタッフ、地域住民、行政といった関係者の施設への理解が深まるばかりでなく、開設、運営の様々な場面で判断の基準としてコンセプトが役立ちます。

家庭的で快適な「暮らしの空間」を演出

入居者の方が快適に過ごすために、福祉施設にも「暮らしの場」としての快適性が求められるケースが多くなってきました。例えば、単に施設向け家具を配置するだけでは、福祉の現場で常に最適とは限りません。目的やケアの方針を踏まえて、利用者の男女比などにあった家具を選ぶこと、スタッフの負荷を軽減し働きやすい環境を作ることが重要です。施設の個性を醸し出し、価値を向上する家具やインテリアの選定をお手伝いします。

フレキシブルな家具、軽量な家具で移動負担の軽減を

食事の介助や多目的室でのレイアウト変えなど、家具を動かす作業はスタッフの大きな負担となります。高さを簡単に変えることができたり、スタック機能でコンパクトに収納できるテーブル、底板をなくし大幅な軽量化を実現した木製チェアなど、スタッフの負担を軽減する家具は、気持ちよく利用者に接することのできる環境づくりをサポートします。

メリハリをつけた施設備品計画を

利用者が長時間触れて過ごす家具選びは、施設の快適さを評価するうえで何より重要なポイントです。そのためにバックヤード部分でできるだけコストダウンを図るなど、メリハリをつけて施設計画を考えることは、施設の価値を落とさずに全体コストを最適化するのに有効な方法です。

無料相談・お問い合わせはこちら

「福祉施設の整備」の導入事例

  • ・詳しい説明を聞きたい
  • ・具体的な導入事例を知りたい
  • ・見積のご依頼
  • ・提案書のご依頼 など
お問い合わせフォーム