ウチダシステムズHOME
福祉分野
導入事例
社会福祉法人五常会様 / 新設計画

社会福祉法人五常会様 / 新設計画

10年後も選ばれ続ける為のユニット型特別養護老人ホーム新設のご支援

社会福祉法人五常会様は昭和56年に設立され、「一人ひとりの思いを暮らしに映す」という理念の下、ケアハウスを中心とする施設ケアから、デイサービスの在宅ケアまで幅広いサービスを提供されております。幅広い地域のニーズに応えるために平成27年4月にユニット型特別養護老人ホームを開所されました。
新特養開設のために、課題である人材募集を解決するために、法人らしさを内外に伝える仕組みと職員間のコミュニケーション活性化のご支援をさせて頂きました。
目的人材募集のために法人のらしさを内外に伝える
内容パンフレット・HP・Idea-wall・インテリア・封筒・開所式粗品
規模100床(入所定員:80名、ショートステイ:20名)
エリア大阪府堺市

導入前の課題とウチダシステムズからの提案

課題
法人理念や方針を内外に伝える方法が分からない
人材を確保して事業計画通りに開所させたい
ユニットケアで希薄化される職員間のコミュニケーションを促進したい
提案
施設コンセプトが伝わるパンフレット製作のご提案
イメージを統一したホームページ制作のご提案
特殊塗料で壁面に「書く」「貼れる」「映写する」を実現するご提案
初のユニット型特養を計画するにあたり、人材募集が大きな課題でした。お客様は法人が目指す方向性(理念:一人ひとりの思いを暮らしに映す)は明確になっていましたが、それが法人内外にもっと伝わるように「建築」「家具」に合わせて「広告宣伝媒体」に如何に表現するかに悩まれておりました。「法人らしさ」をお客様と共に改めて考え、その「らしさ」をパンフレット・ホームページ・コミュニケーション活性化ツール・インテリア・封筒・開所式粗品に翻訳することで、人材募集と職員間のコミュニケーション活性化にお役立ちをさせて頂きました。

法人が目指す方向性は明確になっていましたが、どこに依頼すれば要望を満たしてもらえるのかに困っていました。我々の思いを伝えても、それを理解して、具現化してくれるところがなかったのです。高齢者施設をゼロから、いやマイナスラインから伝えないとダメでした。
ウチダシステムズさんはそれをせずとも解って頂けたことに感謝しています。細かな要望を思いの通りに表現して下さったことにとても満足しています。特に法人理念やケア方針をパンフレットに表現することで職員の目指す方向がより明確となりました。
約束事を外に発信することは勇気と覚悟が要りましたが、そのおかげで職員みんなでそれを守っていこうという気持ちが一つになったんです。

施設長
山本 晃 様

法人らしさを内外に伝わるようにする仕組みの実現

読み聞かせが出来るような絵本調にし、イラストや紙の素材にもこだわったパンフレット(特養全体とデイサービスの2種類)


ホームページを誰でも分かりやすく、統一感のあるようにリニューアル


職員が必ず通る廊下の壁面を特殊塗料で「書く」「貼る」「映写する」を実現し、職員同士の情報発信と共有に活用


複数の居場所を創り、カラフルでポップな色合いにすることでホッとできる職員休憩室

お客様の会社概要

施設名社会福祉法人五常会
業種高齢者福祉事業
所在地大阪府堺市中区見野山164番地
事業内容●軽費老人ホーム(ケアハウス)
●デイサービス(認知症対応型デイサービス)
●在宅介護支援
●ホームヘルプサービス ●ケアプラン ●診療所
●ユニット型特別養護老人ホーム(ショートステイ/デイサービス)
ホームページhttp://yutoria.or.jp/

弊社担当のコメント

現在、社会福祉介護事業では「人材の確保と定着」が最大の課題となります。その課題を解決するためには如何に「法人らしさ」を法人内外に伝えることが出来るかが大切であると考えています。お客様の理念やケア方針を理解し、コンセプトを基にインテリア空間や広告宣伝の媒体に表現し、就職希望者・ご利用者・ご家族・地域の方に法人らしさが伝わる提案を心掛けています。

これからも「コンセプト」と「プロジェクトマネジメント」の2つの軸を機能させることで理想の福祉施設をお客様とともにつくっていきたいと思います。ぜひご相談下さい。

本案件で導入されたソリューション

  • ・詳しい説明を聞きたい
  • ・具体的な導入事例を知りたい
  • ・見積のご依頼
  • ・提案書のご依頼 など
お問い合わせフォーム