ウチダシステムズHOME
福祉分野
導入事例
社会福祉法人音更町柏寿協会様 / 移転新築

社会福祉法人音更町柏寿協会様 / 移転新築

利用者の安心安全な生活を実現、 個室化でプライバシーも確保

音更町柏寿協会様は昭和31年に養護老人ホーム(柏陽園)を開設してから、特別養護老人ホーム(寿楽園)、十勝川温泉に軽費老人ホーム(あさひ苑)、デイサービス(らんらん)を開設してきました。年数経過にともない施設の老朽化が進んだことから建て替えを計画し、2年の準備建設期間を経て、平成28年11月に新施設を開所、翌12月には入居者の移転が完了しました。14,000平米に及ぶ敷地には、特養・養護・ケアハウス・デイサービスが併設されています。
目的福祉施設の新築移転
内容什器備品・家具工事・機械浴他
規模4階建て 入居定員240名 約14,000㎡
エリア北海道 十勝管内 音更町

新築に伴う家具選定と課題解決

課題
法人の基本理念である個人の尊厳・尊重を、新施設でもさらに明確に実現したい。
複合施設であっても、全体に統一感を感じる施設づくりを、限られた予算内で行いたい。
提案
共同型の居室を個室化し、利用者のプライバシーと安らかな暮らしを確保。
インテリア設計から備品調達まで、ワンストップの態勢でサポート。施設全体を彩る統一感のあるデザインやコスト・品質の最適化を実現。
法人の理念を形にし、より高い発展への契機となる今回の新築移転計画、開所2年前の備品積算段階では実現したい方向性と予算の間に大きな隔たりがありました。その後時間をかけ、寿楽園、柏陽園、あさひ苑、デイサービス、法人本部のご担当の方から細かく要望をお聞きし内容を整理する中で、盛り込む要素の優先順位づけと、予算が不一致となる根拠の洗い出しを徹底的に行いました。プロジェクト全体を把握し、ワンストップで幅広い提案が出来たことで、施設全体の統一感やクオリティを維持しながら、トータルなコスト最適化が実現されました。

大型の高齢者複合施設ということもあり、非常に難しい事例だったと思います。我々職員からの多岐にわたる希望・要望・願望を、まずはすべて聞き入れていただき、そこから家具や介護機器をはじめとした、施設全般にわたる最適な提案をしていただきました。施設の利用者様が生活しやすく、職員が働きやすい環境が出来あがったと満足しています。施設づくりをサポート頂いたウチダシステムズさんへは感謝申し上げると共に、今後のアフターフォローも期待しています。

利用者がいきいきと過ごせる「くらしの場」を演出

お客様の会社概要

施設名社会福祉法人音更町柏寿協会
業種福祉施設
所在地北海道河東郡音更町柏寿台1番地5
事業内容●養護老人ホーム
●特別養護老人ホーム
●ケアハウス
●デイサービス
ホームページhttp://hakuju.or.jp/ ※リンクをクリックすると、別画面でページが開きます。

弊社担当のコメント

この度、社会福祉法人柏寿協会様の移転新築にあたり、弊社の札幌営業部と帯広支店との連携で成果を残し、ご評価を頂けたことをうれしく思います。4事業が同じ建物で運営されている施設はあまり多くはありません。今後柏寿協会様の新しい施設が、他の複合福祉施設の参考となり、その運営が他施設からも注目されることを期待しております。

本案件で導入されたソリューション

  • ・詳しい説明を聞きたい
  • ・具体的な導入事例を知りたい
  • ・見積のご依頼
  • ・提案書のご依頼 など
お問い合わせフォーム