ウチダシステムズHOME
文教分野
導入事例
札幌学院大学様 / コラボレーションセンター

札幌学院大学様 / コラボレーションセンター

キャンパスの中心に誕生した「協働」(コラボレーション)をコンセプトとする学びの創造空間

自律、人権、共生、協働を建学の精神とする札幌学院大学。2015年2月、「協働」をコンセプトに正課教育やボランティア・サークル活動にチャレンジする場として整備されたのが 「コラボレーションセンター」です。この計画に先立ち、キャンパス全体の構成を見直したうえで、学生が集ったり、様々な活動を行ったりする拠点となるようコラボレーションセンターの設計をしています。
キャンパス中央にあるコンピューター教室を移転し、廊下面はガラス張りに。また、学生同士のコラボレーションを活性化する4つの特徴ある部屋を設け、それぞれに学生が集いやすくなるよう工夫を施しています。
目的キャンパス整備
内容ラウンジ・教室整備、改修工事
規模コラボレーションセンター
エリア北海道江別市

導入前の課題とウチダシステムズからの提案

昨夏、校舎中央にあるコンピューター教室を移転し、跡教室を「協働」をテーマとしたコラボレーションセンターとして改装致しました。廊下に面した壁をガラス張りにする等の改装工事のあと、「コラボレーションラウンジ」、「プロジェクトラウンジ」、「多目的セミナールーム」、「PCルーム」と教室毎にテーマを設け学生の多様な活動を支援する場として整備し、正課活動の他、サークル、ボランティア活動の拠点としての活用を期待しています。

学生の授業時間外の主体的能動的な学びの活性化

プロジェクトラウンジ

学生活動の拠点となる部屋。コモンズ組合せデスクを複数配置。多様な活用に対応。また、ハイテーブル+モニタのテーブル3式(1式は車椅子対応)にし、居合わせた学生が議論に飛び入りで参加しやすい仕掛けも。


PCルーム

iMac15台配置。デスクはスチールケース社Dune。既存のPC教室と同一環境で、学生が自由にPCを活用できる。


コラボレーションラウンジ

要求仕様は”スターバックス”のような空間。窓側にはスギの集成材天板のNotio、廊下側にはボックスソファも配置し、グループ、個人がそれぞれ自由にくつろげる空間に。


多目的セミナールーム

Nodeチェア48脚。正面は120インチのスクリーンとプロジェクター。後方にはプロジェクタ―投影スクリーン兼用のホワイトボード(造作)とプロジェクタ―を2台配置。セミナー、グループ学習、研修会、発表会など多様な利用方法に対応。

お客様の概要

団体名学校法人札幌学院大学
業種大学
所在地北海道江別市
ホームページhttp://www.sgu.ac.jp/