ウチダシステムズHOME
オフィス分野
ドキュメント運用の見直し

ドキュメント運用の見直し

オフィスのドキュメント環境・文書管理業務を最適化

ドキュメント環境の見直しで、コスト削減と環境対策を実現

PCやプリンタなどの低価格化が進み、部門ごとに導入していった結果、OA機器の増加や出力される紙の管理に困っている企業は少なくありません。まずは現状のドキュメント環境を把握したうえで、文書の電子化やOA機器の適正配置、印刷コストの抑制、ドキュメント品質の向上などに取り組まれてはいかがでしょうか。

ドキュメント管理によって解決できる課題

  • ペーパーレス化の実現
  • プリンタの適正配置
  • 印刷コストの最適化
  • スペースセービング
  • セキュリティ強化
  • 環境対応
  • 業務環境の効率化
  • ドキュメント品質の向上

最適配置による、スペース効率アップ

ドキュメント運用の見直しは、単に印刷コストを削減できるだけではありません。OA機器を最適配置することで、オフィススペースの有効活用にもつながります。

ドキュメント管理ソリューションのポイント

ドキュメント管理の見直しと、オフィススペースの活用方法を提案

私たちは、ドキュメント運用の見直しだけでなく、新しく生まれたスペースの有効活用についてもご提案します。現状の課題整理から改善後の効果測定まで、幅広い視点でトータルにサポートいたします。

無料相談・お問い合わせはこちら

ウチダシステムズの「ドキュメント診断」ソリューション

ワークエリア調査
オフィスのレイアウト図面をもとに、機器類の棚卸しをします。ワークエリアシートを作成し、部門ごとに必要な機器を確認。最も効率の良い作業導線を設計します。

ドキュメントボリューム調査
出力機器リストをもとに、用紙、トナーの購入量調査などを行います。この工程によって把握できていないドキュメントボリュームが明確になります。

アンケート調査
実務で取り扱う、ドキュメントの種類や満足度など、業務における課題を調査・分析します。機器ごとのトラブル調査や消耗品の日常管理における問題点など、導入時には認識できていない課題を収集します。

可視化による改善策と最適配置

プリンタの構成、目に見えない使用状況などを、さまざまな角度から調査・分析することで、お客様の最適なドキュメント環境づくりに役立てます。プリンタの待ち時間解消や、席からプリンタまでの動線の削減など、業務の効率化も念頭の改善提案を行います。

  • ・詳しい説明を聞きたい
  • ・具体的な導入事例を知りたい
  • ・見積のご依頼
  • ・提案書のご依頼 など
お問い合わせフォーム